ウインドサーフィンの関西地区のゲレンド紹介。気象情報などウインドサーフィン役立つ関連情報を掲載。各地の風が予測できるウインドグルの全国ゲレンデ一覧も。

ウインドサーフィン 関西ゲレンデガイド

スコールと風-熱帯特有の雨風

更新日:

南の島に旅したことのある人なら必ず出会ったことがあるでしょう。昼まで晴れていたのに、午後になると一天にわかにかきくもり、滝のような雨が降ってきて、 1時間か2時間で止んでしまう熱帯特有の現象。 

シャワーとかスコールとか言われるものですが、正確には、スコールという言葉は発達した積乱雲から吹き下ろす風のことで、シャワーを伴うものをブラックスコール、雨が降らない場合をホワイトスコールと言います。 

熱帯では日射Lが強いので、午後になると地面も海面もかなり熟せられます。そうすると、地面や海面と接している空気も暖められて軽くなり、浮力がついて強い上昇気流が起きます。そのため入道雲が発達して、頂上がかなとこ状の(限界まで高くなり上空で水平に広がった)積乱雲ができます。

この積乱雲から吹き下ろす風が地面や海面にぶつかると、まわりの新しい空気をはね上げて新しい上昇気流を作り出し、やがて積乱雲がいくつかまとまったクラウドクラスターという雲の固まりができあがります。こうなると、ザ-ツとひと降りしただけでは収まらず、数時間土砂降りの雨が続き、雲の下では突風も吹きやすくなります。 
ウインドサーフィン、スコール
熱帯ではコリオリの力が弱いので、雨雲がまとまっただけでは渦を巻くようなことはありませんが、うまい具合に雲から吹き下ろす風と、雲に吹き込む風がぶつかり合うと、雲から吹き下ろす風が横一線に並んで新しい空気を持ち上げて、次々と新しい積乱雲を作りだすようになります。 

その結果、ライン状に並んだ上昇気流の所と下降気流の所が一方向に移動して行くようになり、シャワーやブローもほうきで掃くような感じで移動することになります。このライン状の雨と風がスコールラインです。スコールラインの移動速度は大変速くて、時速50kmから60kmに達します。 
熱帯の天気は非常にコントラストがはっきりしていて、カンカン照りのビーチから沖を眺めていると、向こうの方からスコールがやってくるのがきれいに見えたりします。でもスコールラインは日本の雲よりも速く近づいてきますから、見とれていないで早めに避難しましょう。

また、ビーチに荷物を残すのは厳禁です。熱帯のシャワーは、文字通りビーチにあるものをきれいさっぱり洗い流してしまいますから。

[ スポンサーリンク ]

-風と波をつかむ方法

Copyright© ウインドサーフィン 関西ゲレンデガイド , 2019 All Rights Reserved.