ウインドサーフィンの関西地区のゲレンド紹介。気象情報などウインドサーフィン役立つ関連情報を掲載。各地の風が予測できるウインドグルの全国ゲレンデ一覧も。

ウインドサーフィン 関西ゲレンデガイド

黒潮と低気圧-秋に黒潮が低気圧を運んできたら吹く

更新日:

秋の終わりになると、いよいよ大陸の方から寒気が日本に流れ込んでくるようになってきます。そうすると、大陸から高気圧が張り出してきて、鵡いながらも冬型の気圧配置が現れるようになります。真冬ほどではないにせよ、日本海側の地方では雲が多く、太平洋側の地方では移動性高気圧の晴れとは違って、少し北風の強い冬晴れの日が現れるようになりますが、まだまだ本格的な冬型の気圧配置にはならず、目立って強い寒気も入ってきません。 

しかし、この頃に、紀伊半島や四国の沖合いで突然低気圧が発生し、晴れるはずだった関東から東海地方に弱い雨を降らせたりすることがあります。何しろ天気図は弱い冬型の気圧配置ですから、関東地方や東海地方に雨が降るなんて普通予想しないどころか、晴れベースの予想となるのがあたりまえです。そこへ持ってきての雨ですから、ショックは大きいです。慌てて予報を訂正することになります。 

このような低気圧の発生には海が絡んでいますOまだ弱いとは言え、寒気が大陸の方から流れ込んでくると、この時期海水はまだ温かいですから、大気の状態が不安定になります。特に、冷たい空気が太平洋上まで流れ出してくると、そこには温かい黒潮が流れていますから、寒気が下から暖められ、水蒸気を禰給されて、雨雲が発達します。しかも、太平洋に吹き出す北風は、日本列島を横切る間に散々地形の影響を受けて向きが乱れていますから、風がぶつかって余計に雨雲が発生しやすくなっています。 

真冬なら北風が強いので、雲ができでも南の方へ吹き流されるのですが、この時期はまだそれほどの力はありませんから、できた雨雲が黒潮の上によどんで発達し、やがて弱い低気圧にまで成長するわけです。 

このような低気圧ができるかどうか、その判断は非常に難しく、天気図を1枚見ただけではとてもわかりません。しかし、秋の終わりに大陸の高気圧が丸く太ってきたら要注意。まだわからないだけで、できてるかもしれません。 

また、風は北風で予想通りなのに天気がイマイチ惑いという時は、このような低気圧のせいかもしれません。その時は弱い低気圧でも、翌日、日本の東に抜ける頃には立派な低気圧に成長することも十分考えられますから、もし天気予報がはずれたと思ったら、最新の予報をチェックしましょう。

[ スポンサーリンク ]

-風と波をつかむ方法

Copyright© ウインドサーフィン 関西ゲレンデガイド , 2019 All Rights Reserved.